抹消登録について

廃車だと必要な抹消登録が買取では不要

不要になった車両を処分するとき、廃車に出すことを検討する人も少なくありません。

既に動かなくなった車だけでなく、走行距離が著しく多くなっている車両や年式が非常に古く、需要がないと思われる車両も、まだ動くにもかかわらず廃車に出そうとする人がいますが、全国規模で業者を探してみると、こういった車両を買い取ってくれる業者が見つかる可能性もあります。

廃車手続きを行う場合には、不要になった車両をディーラーや中古車販売業者、または解体業者のところに持ち込んで解体を依頼しなければなりません。

さらに、運輸支局や軽自動車検査協会などの自治体に出向いて抹消登録申請をするか、この手続きを費用負担して業者などに依頼しなければなりません。

そのため、かなりの費用が発生しますし、手続き面でも煩雑になることが多いです。

一方、買取の場合には、業者が保管場所まで出向いてくれることもありますし、名義変更の手続きも無料で代行してもらえることが多いです。

さらに、廃車に出すと自分で費用負担しなければならないところ、買取の場合には現金を受け取ることができますので、費用面でも手続きの負担という面から考えても非常に有利です。

近くの業者が買い取ってくれないという場合でも、全国的に探してみると業者が見つかる可能性はありますので、無料で利用できる一括見積サービスを使ってみるとよいでしょう。

このサービスは、車両の走行距離や年式、車種などの簡単な情報を入力するだけで、対応可能な業者が概算の買取希望額を連絡してくるというものです。

廃車に出すしかないと思われていた車が実際には需要があったというケースは非常に多く、予想に反して現金を受け取ることができた人も多数います。

もちろん、概算の金額ですので実際に車両を見てもらった上で最終的な金額を決めてもらうことになりますが、かなり傷や凹みがあって再販できそうにない車両でも、パーツや部品として買い取ることで、廃車費用の負担無しに引き取ってもらえるというケースもあります。

この場合には抹消登録も自分でする必要がなくなりますので、普通に廃車手続きをするよりもやはり便利で簡単に終わります。

このように、車両を処分するにしても、方法次第で自分の負担も手間も大幅に変わってきます。

安易に廃車に出す前に、車両を活用できる方法がないかを十分検討してみるとよいでしょう。遠方の業者が不安という場合には、実際の利用者の評価も見てみましょう。”