抹消手続きと名義変更

廃車の抹消手続きと買取の名義変更

不要になった車の処分方法はいくつかありますが、買い取ってもらえる可能性が低いからといって安易に廃車手続きに移行するのは避けたほうが良いことが多いです。

車両を廃車に出す場合、中古車販売業者やディーラーなどに持ち込むか、解体業者のところに直接持ち込むというのが一般的な方法となってますが、いずれの場合でも解体費用として2万円程度、抹消手続きの代行手数料として1万円程度が必要になります。

車両の廃車に関する書類手続きは自分でできないこともありませんが、煩雑な作業になりますので時間がかかり、あまりお勧めはできません。

結果的に、廃車に出した場合には、3万円程度の支出が考えられるということになります。

一方、車両を買取に出した場合には、基本的に費用の発生はありません。

買取の時には自分から買取業者に車両の名義変更手続きを行う必要がありますが、ほとんどの業者はこれを無料で代行してくれますので自己負担の必要がなく、抹消手続きよりもおすすめです。買取業者の中には、動かなくなって廃車しかないと考えていたような車でも、部品やパーツなどを買い取ってくれるところがありますので、諦めかけていた車両を買い取ってもらえ、書類作成に関する負担も費用も必要なくなった上、解体に用がなくなったばかりか車両売却代金まで受け取ることができたというケースもたくさんあります。
近くの業者では買い取ってもらえなかったという場合には、一括見積りサービスを利用してみるのも良いでしょう。これは、走行距離や年式、車種などの簡単な情報を入力して送信するだけで、対応可能な業者が全国から見積額の概算を連絡してくるというものです。このサービスを利用すると、近くでは買い取ってもらえなかった車両を積極的に引き取ってくれる業者が見つかりますので、後は実際に車両を査定してもらい、最終的な買取金額に納得すれば取引成立という流れになります。このときに名義変更の手続きも代行してもらえますので、一括で面倒な用事を済ませ、そのまま車両を引き取ってもらうことができ、自分で解体業者のところまで持ち込む手間も省くことができます。
こういったサービスを利用しても買い取ってもらえそうにないという場合には、廃車を検討する必要がありますが、パーツなどを買い取ってくれる業者は無料で手続きをしてくれる可能性がありますので、廃車に出すにしても費用負担の少ないところを探してみましょう。”